プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

ピピ島の基本情報記事一覧

ピピ島への玄関口・プーケットのラサダ港

プーケットタウンのラサダ港プーケットからピピ島へのアクセスは、パトンエリアから車で40分ほど、プーケットタウン西側にあるラサダ港から船が出港します。このエリアはローカル色が強く、地元の人たちの日常を垣間見ることができるエリアです。港へ到着すると乗り場の前には大きな駐車場があり、ここにはツアーバス、送...

≫続きを読む

 

ピピ島の交通手段

ピピ島のトンサイベイピピ島はプーケットとは異なりとても小さな島で、道幅もとても狭いことがその特徴です。そのため島の移動手段は徒歩、自転車、バイクが基本となります。桟橋が近いトンサイベイのあたりは、観光客も多く狭い道幅にたくさんの人たちが行き交っています。また港から届いた物資をリアカーにのせて運んでい...

≫続きを読む

 

観光に欠かせないロングテールボート

ピピ島の美しいビーチピピ島の島内の移動手段は、徒歩、自転車、バイクが基本となりますが、島の反対側や、他の島へアクセスする際にはロングテールボートを使って移動をします。観光名所のマヤベイなどへのアクセスにも欠かせないものとなっています。このボートは小舟に自動車のエンジンを積んでいるもので、島の移動間に...

≫続きを読む

 

自然に恵まれた大人のリゾート「ピピカシタリゾート」

ピピカシタリゾート(PP Casita Resort)は、トンサイベイから徒歩10分の場所にある、「自然」をコンセプトとしたホテルです。ホテルエントランスから通路に至るまで、枕木が敷かれており、まさに別世界に誘いを受けたかのような感覚を楽しむことができます。ロビーはとても開放的でビーチが近いので、時...

≫続きを読む

 

ピピ島の概要

ピピ島ピピ島は珊瑚礁に囲まれ、コバルトブルーの海、白い砂浜が広がる美しい島として知られています。美しいラグーンを持ったヤシの木に覆われ、どこか神秘的な魅力さえ感じられ、まさに秘島と呼ぶのに相応しい島です。この島が有名になったきっかけといえるのが、レオナルド・ディカプリオが出演した映画「ザ・ビーチ」の...

≫続きを読む

 

ピピ島のWifiとインターネット事情

フリーWifiが増えてきているピピ島のレストランタイのバンコクでは近年Wifiも充実してきており、公共の場で無料で利用できるところも増えてきています。それに伴いリゾート地のWifi事情も整備されてきており、利用できるところが増えてきています。ピピ島を散策していると「Wifi Free」の看板をよく見...

≫続きを読む

 

ピピ島の病院・警察・郵便・銀行事情

ピピ島は小さな島であり飛行機が乗り入れる空港はないため、船でのアクセスが基本となります。そのため万が一の時に備えて、病院や警察署などの場所を把握しておくことはとても大切です。小さな島でありながらも基本的には生活に必要な施設は整っており、不自由を感じることはありません。場所はトンサイエリアに集中してい...

≫続きを読む

 

ピピ島の玄関口・トンサイ港

トンサイ港の桟橋ピピ島のアクセスの玄関口といえばトンサイ港で、この港周辺がピピ島の中心部になります。プーケットからの定期便は一日朝8時半と13時半の2回出ており、所要時間は2時〜2時半で、トンサイ港に到着することができます。トンサイ港が近づいてくると船は少しスピードを落としながら、ピピ諸島の見どころ...

≫続きを読む

 

プーケットからピピ島へのアクセス

ピピ島への船ピピ島には飛行機が離発着できるところがないことから、アクセスは全て船となります。ピピ島は、プーケットから東に45キロ離れたアンダマン海上に浮かぶクラビ県に属する島になります。ピピ島はメインの島であるピピ・ドン島と、映画ザビーチの舞台となったマヤベイがあるピピ・レイ島などが知られていますが...

≫続きを読む

 

ピピ島にお勧めの持ち物

ピピ島は、現地の人たちが暮らすトンサイ村を周辺とビーチ沿いが開発されており、少し内部に入れば舗装されていない道も多く、まだまだローカルな雰囲気もたくさん見ることができます。また車のないピピ島では、観光は歩くことが基本となります。道はあまり舗装されていないところが、スコールなどの雨が降った後には、大き...

≫続きを読む

 

ピピ島への船を利用する際の注意点

ピピ島への船プーケットからピピ島へのアクセスには船を利用することが一般的です。しかしながら船に長時間乗ることが慣れていない観光客にとっては、どのように船で過ごしたらよいのか分からないという方も多いことでしょう。今回はピピ島への船を利用する際の注意点についてご案内していきます。プーケットからピピ島への...

≫続きを読む

 

ピピ島の滞在に必要な日数とその過ごし方

美しいピピ島ピピ島はプーケットから日帰りでも訪れることができる島ですが、やはりその魅力を存分に感じるためには、宿泊をしてみてこそ発見できることもたくさんあります。ピピ島の滞在に必要な日数は、できれば2泊以上の滞在がお勧めです。特に雨季のシーズンは天候が悪いと海の透明度があまり高くはないことから、シュ...

≫続きを読む

 

ピピ島のお土産

象のデザインのメモ帳ピピ島でお土産を購入するのであれば、トンサイベイエリアがお勧めです。夜遅くまでオープンしているお土産ショップが多数あり、それぞれの比較を楽しみながらお土産選びをすることができます。お土産ショップでは、様々な雑貨を販売しているお店、Tシャツのみを販売している専門店など、そのスタイル...

≫続きを読む

 

ピピ島のベストシーズンと気候

美しいピピ島ピピ島は乾季は10月〜4月まで、雨季が5月〜9月までとなります。気温は年間と通して最高気温は35度前後、最低気温は25度前後となっており、気候は比較的安定しています。プーケットやクラビとほぼ同じ気候となり、シーズンによって楽しめるアクティビティが異なるので、旅行に行くシーズンがどのような...

≫続きを読む