プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

ピピ島は宿泊がお勧め

美しいピピ島

美しいピピ島

ピピ島はプーケットから日帰りでも訪れることができる島ですが、やはりその魅力を存分に感じるためには、宿泊をしてみてこそ発見できることもたくさんあります。

 

ピピ島の滞在に必要な日数は、できれば2泊以上の滞在がお勧めです。

 

特に雨季のシーズンは天候が悪いと海の透明度があまり高くはないことから、シュノーケリングなどを十分に楽しめないことも少なくはありません。

 

2泊以上あれば日程にも余裕を持つことができ、その分ビーチアクティビティにベストな日にちを選ぶこともできます。

1泊2日の滞在

ローカルなエリアも多いピピ島

ローカルなエリアも多いピピ島

1泊の滞在であれば、到着日にピピ島の観光ツアーに申し込みをすることがお勧めです。

 

プーケットから船では午前中にピピ島に到着することができるので、午後から時間を有効的に活用することができます。

 

ツアーへの申し込みはツアーデスクがあるホテルであれば、現地についてからでも申し込みをすることができ、午後のツアーに申し込みをすることができます。

 

ツアーデスクがない場合であっても、ピピ島のトンサイベイエリアにある旅行会社で申し込みができます。

 

ツアーはおよそ3〜4時間くらいのものが一般的で、13時〜14時くらいスタートをして日没までに帰ってくるものが一般的です。

 

シュノーケリングをしたり、マヤベイとよばれるピピ島でもっとも美しいとよばれるエリアを観光したりと、日没の時間にはタイミングが合えばサンセットを見ることもできます。

 

2日目はプーケットへの船は午後の出港するものを利用するのが一般的で、午前中は観光を楽しむことができます。

 

ピピ島の中心部のトンサイベイで散策を楽しむことがお勧めで、トンサイベイはゆっくり歩いても1〜2時間もあれば町の中を全て見ることができます。

 

グルメを楽しんだり、マッサージ、お土産ショップなどを巡ってみれば充実した時間を過ごすことができます。

 

2泊以上の滞在

ピピ島の展望台からの景色

ピピ島の展望台からの景色

2泊以上の滞在であれば、丸一日使える日が増えるので、より充実した時間を過ごすことができます。

 

ピピ島はダイビングの聖地としても知られているので、2日目に一日使って楽しむことができ、時間にも余裕を持つことができます。

 

またピピ島には美しい景色を一望できる展望台があったり、トンサイベイから少し離れたところを歩いてみれば、ローカルな雰囲気が漂いピピ島で生活している人たちの様子を見ることができます。

 

自然いっぱいの緑豊かな光景を見れば、ピピ島の新しい魅力を感じることができます。

 

またビーチでのんびりと過ごすこともピピ島ならでは魅力の一つであり、中心部に近いローダラムビーチでは海水浴などを楽しむことができます。

 

よりきれいなビーチを楽しいたい場合には、ロングテールボートとよばれるボートでメインエリアから15分ほど離れたロングビーチに足を運んでみることもお勧めです。

 

シュノーケリングなどを楽しむことができ、のどかでのんびりとした時間を過ごすことができます。

夜のビーチもお勧め

また1泊したら夜のエンターテイメントを楽しんでみることもお勧めです。

 

ピピ島では夜になるとあちらこちらのビーチで、大音量で音楽をかけて花火を楽しんだり、ファイヤーショーが開催されていたりと、夜遅くまで賑わいをみせています。

 

ビーチサイドにあるレストランやバーは、このビーチパーティに合わせて夜遅くまで営業しています。

 

滞在している人たちが国境を超えて、フレンドリーな交流ができることも魅力の一つです。