プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

大人向けのリゾートホテル「ピピカシタリゾート」

ピピカシタリゾート(PP Casita Resort)は、トンサイベイから徒歩10分の場所にある、「自然」をコンセプトとしたホテルです。

 

ホテルエントランスから通路に至るまで、枕木が敷かれており、まさに別世界に誘いを受けたかのような感覚を楽しむことができます。

 

ロビーはとても開放的でビーチが近いので、時折心地よい風が吹き抜けて、南国気分を満喫できます。

 

このホテルは大人向けのリゾートとなっているため、12歳未満の子供を伴う宿泊はできません。

 

そのためとても落ち着いた雰囲気があり、のんびりと過ごしたい人にはとてもお勧めのホテルです。

日本人観光客が少ないホテル

ピピカシタリゾートは日本の旅行会社が取り扱うことが少ないことから、ホテルとしてはややマイナーですが、その分日本人観光客が少なく海外にきていると実感が持てます。

 

基本的に旅行のパッケージツアーのホテルとして取り扱われていることが少ないため、自分でインターネットのウェブサイトから予約をすることが基本となります。

 

またあまり知られていませんが、このホテルはピピホテルやバンヤンビラと同系列のホテルで、後者のホテルのインターネット、フィットネス、サウナなど一部の施設を利用することができます。

コストパフォーマンスのよさも魅力の一つ

ホテルのランクとして3つ星ホテルですが、他のホテルでは味わえない落ち着いた雰囲気はこのホテルの魅力の一つです。

 

ホテルの料金は時期にもよりますが、1泊2000バーツ(6000円)前後が相場となっており、そのコストパフォーマンスのよさも魅力の一つです。

 

ホテルでは日本語が通じないため、基本的には英語でのやりとりとなりますが、スタッフはとても親切な対応をしており、とても心強いものです。

 

おいしいレストランや観光のちょっとしたアドバイスに至るまで教えてくれるので、ピピ島の穴場スポットを見つけることもできます。

ローダラムビーチがすぐ目の前のロケーション

ローダラムビーチ

ローダラムビーチ

夜のビーチ

夜のビーチ

ホテルの目の前はローダラムビーチのすぐ目の前となっており、昼間は海水浴やビーチアクティビティ、夜はバーやレストランがビーチ沿いにオープンをして大人なムードが集い賑わいを見せます。

 

ビーチでは夜になるとたくさん人が集まってきてファイヤーショーなどが行われ、インターナショナルな雰囲気に包まれています。

 

またホテルのすぐ目の前には、島で唯一日本語が通じるダイビングショップもあり、マリンスポーツを楽しむのには最適です。

 

ビーチがすぐ近くにあるにも関わらず、ホテルはとても静かな喧騒に包まれていることも、その魅力の一つです。

自然豊かな庭園とプール

ホテル内は、まるで森のように自然豊かな空間となっており、様々な植物が植えられています。

 

南国らしくカラフルな花も多く、のんびりと散策するだけでも様々な発見があり、とても心地よい時間を過ごすことができます。

 

ホテルの館内はとても丁寧に掃除がされており、清潔感が感じられるので、まるでどこかの花園に迷い込んだかのような気持ちになることができます。

 

またホテルには広々としたプールがあり、ビーチは見えませんが、たくさん植えられているヤシの木が南国気分を盛り上げてくれます。

 

ビーチチェアもたくさん置かれており、のんびりと過ごすのに最適です。

 

また利用者もさほど多くはないことから、悠々と泳ぐことができ、子供がいないためゆっくりとした時間を過ごすことができます。