プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

のんびりとした滞在もお勧め

緑豊かなピピ島

緑豊かなピピ島

ピピ島の内陸

ピピ島の内陸

ピピ島のホテルはビーチ沿いにたくさんありますが、内陸にあるホテルもビーチの喧騒を忘れることができ、のんびりとした時間を過ごすことができます。

 

またビーチから離れるため、宿泊料金もリーズナブルなことも魅力の一つです。

 

今回は内陸にある、静かなひとときを過ごすことができる、お勧めのホテルをご紹介していきます。

美しいサンセットを一望できるピピサンセットベイリゾート

ピピサンセットベイリゾートは、長期滞在者から人気の2つ星ホテルです。

 

ピピ島の中心部から徒歩で約20分、ローダラムベイエリアの静かな環境の中に位置しています。

 

中心部からやや歩く場所にあることから、ホテルと中心部を結ぶ無料シャトルボートがあるので、街中と行き来にも不自由することはありません。

 

ホテル周辺にはたくさんの自然があるので、のんびりと過ごしたい方にはとてもお勧めのホテルです。

 

ホテル周辺には見どころやグルメスポットは少ないですが、ホテル内にはレストラン、バー、ショップ、ビーチアクティビティなどを申込みできます。

 

料金は1泊あたり1000バーツ(3000円)前後ととてもリーズナブルで、朝食も含まれています。

 

バンガロータイプの客室には、冷蔵庫、ファン、蚊帳、シャワー、プライベートバルコニーがあり、バルコニーからはこのホテルの名称にもなっている美しい夕陽を一望することができます。

 

ファミリー層よりもどちらかといえばバックパッカー向けといえます。

非日常的な時間を楽しむことができるピピインプービューポイント

とにかく繁華街から離れた山里の中で静かな時間を過ごしたいと思ったときにお勧めのホテルが、ここピピインプービューポイントです。

 

ただし中心部から歩くとかなりの距離があり、タクシーなどもないので徒歩が基本となります。

 

大きな荷物などがあるときはアクセスまではやや苦労することもありますが、一度宿についてしまうとその落ち着いた雰囲気が心地よく、ホテル周辺でゆっくりと過ごすことができます。

 

またこのホテルはピピ島のホテルとしては珍しくファミリールームがあるので、家族でも広々と利用することができます。

 

ホテルのスタッフはとてもフレンドリーで親切で、ピピ島の滞在をしっかりとサポートしてくれることも魅力の一つです。

 

客室はバンガロータイプとなっており、非日常を楽しむことができます。

 

ただし周囲は自然が多く虫が多いので虫除け対策は必須となっており、虫除けスプレーは持参していくことがお勧めです。

ベビーシッターも常駐しているママビーチレジデンス

港や繁華街に徒歩圏内にありながら、静かな環境が人気のホテルにママビーチレジデンスです。

 

ビーチフロントではありませんが、ホテルから美しい景色を一望することができ、まさにピピ島の美しい景色を一望することができます。

 

西欧人が多く訪れるピピ島に相応しく、ヨーロッパスタイルの白い洗練されたホテルがその特徴です。

 

外装、内装、中庭、レストランと、あらゆる場所にセンスのよさを感じることができます。

 

特に客室はホワイトを基調としたシンプルな内装で、とても清潔感を感じることができます。

 

それでいながらどこかアットホームな雰囲気があり、まるで我が家のように過ごすこともできます。

 

開放感のあるバルコニーからは、ピピ島の自然豊かな光景を一望することができます。

 

リクライニングシートも置かれており、のんびりとしたひとときを過ごすのにはとても最適です。

 

またこのホテルの魅力の一つに、ピピ島にしては珍しくベビーシッターが常駐しており、束の間の夫婦の時間を楽しむこともできます。

 

またホテルの朝食のパンがとてもおいしいと評判で、ふわふわとした食感がたまらなくおいしく朝から食の進む一品です。