プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

メインストリートから外れた場所にある名店

タイの定番・チャーハン

タイの定番・チャーハン

トムヤムクン

トムヤムクン

近年物価が少しずつ上昇しつつあるピピ島ですが、ピピ島にはリーズナブルな価格でおいしい料理を味わうことができるレストランもたくさんあります。

 

 

バックパッカーなど滞在費を抑えた人から特に人気が高く、ファランとよばれる長期滞在者から支持されています。

 

タイの名物パッタイやトムヤムクンなどが、リーズナブルな価格でボリュームたっぷり食べられるなど、そのコストパフォーマンスのよさが欧米人から好評です。

 

場所は海沿いではないため景観こそは期待できませんが、その分安い価格が魅力的です。

 

今回はそんなピピ島にある安くておいしいタイ料理の名店についてご紹介していきます。

 

地元の人一押しのパパイヤレストラン

パパイヤレストランは、地元の人一押しのリーズナブルな価格でタイ料理を味わうことができるレストランです。

 

オーナーが店頭で香ばしいにおいを漂わせながら、フライドヌードルを揚げています。

 

思わず店内に立ち寄りたくなってしまうようなカジュアルな雰囲気で、レストランというよりも食堂のような場所です。

 

内装はシンプルながらも清潔感があり、フレンドリーでスマイリーなご主人がお出迎えしてくれます。

 

ここのレストランの名物は猫で、お客さんたちのアイドル的存在で、店内で涼んでいるかわいらしい姿がとても印象的です。

 

パパイヤレストランでは、一皿あたりの量がとてもボリューム満点で、欧米人たちからとても好評です。

 

1皿あたりのメニューは50バーツ(150円)前後で、味付けは観光客が多いことから辛さは比較的抑えられています。

 

アルコール類はありませんが、ソフトドリンクは一通り揃っているので安心できます。

 

ピピ島を訪れたら、必ずここに立ち寄るというリピーターも多く、とても定評のあるレストランです。

おいしいパッタイの名店・オンリーヌードル

ピピ島の隠れ家的なグルメスポットとして知られているのが、「オンリーヌードルズ」とよばれるレストランです。

 

まさにその名前の相応しくタイヌードルのみを提供するお店です。

 

場所は中心部から小道を入っていった先にあり、ポツンと一つだけ佇む小さなお店です。

 

まるで小さな小屋のようですが、その人気は口コミで広がっており、行列を成していることもあります。

 

ここはパッタイの専門店で、とにかくその種類が豊富にあります。

 

パッタイは100バーツ(300円)前後からで、具がたっぷり入っていてとても食べ応えがあります。

 

エビはプリプリとした食感で、ほどよい塩加減が効いており、一度食べるとヤミツキになるおいしさです。

マッサンカリーが好評のブルーラグーン

ブルーラグーンは、メインストリートから50メートルほど内側にあるレストランです。

 

このレストランのオーナーはかつて4つ星レストランで働いていた経歴を持っており、確かな味を提供するレストランです。

 

味は一流であるにもかかわらず、他のピピ島のレストランと比べると全体的に価格が安いことがとても魅力的です。

 

またサービス面においても評判がよく、料理の出てくるスピードが速かったり、デザートをサービスしてくれることも嬉しいものです。

 

ブルーラグーンの名物マッサンカリーは、ヤミツキになるおいしさで、具がたっぷりでまろやかな味わいはとても食が進みます。