プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

ナイトライフに欠かせないニューハーフショー

プーケットの夜の楽しみといえば、バングラ通りの散策がもっとも知られていますが、その他にも名物「ニューハーフショー」も欠かすことはできません。

 

社会的にもタイではニューハーフは広く認められているので、夜の街を歩いているとニューハーフが街中を歩いている様子に遭遇することもよくあります。

 

それを楽しめる定番スポットに「サイモンキャバレー」が知られています。

 

会場はパトンビーチからカロンビーチへ向かう海沿いの道を左折した2〜3分のところにあり、個人でもアクセスできますが観光客はツアーを利用することがお勧めです。

サイモンキャバレーの概要

サイモンキャバレーは毎晩3ステージ行われており、1回目は18時〜19時15分、2回目は19時45分〜21時、3回目は21時半〜22時45分となっていますが、不定期で23時にも行われることもあります。

 

豪華な舞台で眩いほどの派手な衣装をまとったニューハーフ達が華麗なショーを繰り広げます。

 

老若男女問わず誰でも気軽に楽しめる雰囲気があり、1000人以上収容できる大きな劇場で、目の前で美しいニューハーフたちを見ることができることもタイならではといえます。

 

入り口近くにはバーや軽食などを楽しめるスポットもあります。

 

チケットブースは入り口の突当り右側で、当日でも空席があればその場でもチケットを購入できます。

料金と座席

サイモンキャバレーのツアーでは往復の送迎とチケットが込みとなっているものが多く、一般席は600(1800円)バーツ、VIP席は700(2100円)バーツ前後が相場となっています。

 

4〜12歳の身長130センチ未満であれば子供料金の適応となり、大人料金と比べると200バーツ(600円)ほど安くなります。

 

VIP席は1階、一般席は2階となっており、VIP席の方がより見やすい場所に位置しています。

 

VIP席は映画館の椅子のようなゆったりとした座席で、足元はやや狭いものの、アルコールドリンクなどもオーダーできます。

 

ドリンクのオーダーは館内に案内される際に係員から聞かれるので、その係員に頼むと運んできてくれ、現金と引き換え精算になります。

多国籍の内容を楽しむことができるサイモンキャバレー

ショーは約1時間半、出し物が数種類披露され、それぞれとても意匠を凝らした内容となっています。

 

趣向が変わるごとに衣装や舞台セットが変わり、色々な世界に足を踏み入れることができるかのような感覚を楽しむことができます。

 

インド、エジプト、ベトナム、中国など各国をイメージした踊りや振付もあり、それぞれの民族衣装やドレス、パロディなどを取り入れられ、あっという間に時間が経ってしまいます。

 

かつては日本の出し物もありましたが、近年中国や韓国系の観光客増加によって、なくなってしまったことは少々残念ですが、それでも他国の文化を学ぶことができる魅力もあります。

ダンサーと記念撮影

上演中の撮影は禁止となっていますが、帰り際にダンサーたちと一緒に記念撮影を撮ることができます。

 

舞台よりも至近距離で見ることができ、とても美しい姿にはとても驚かされます。

 

一人のキャストにつき100バーツ前後のチップが必要となるので、事前に細かいお金を用意しておくことがお勧めです。

 

中にはかなりしつこい人がいたりすることもあるので、必要のない場合にはきっぱりと断ることも大切です。

 

また集合写真を撮った場合には、それぞれニューハーフにチップが必要となるので注意が必要です。

 

ただし写真撮影の際はとても混雑するので、スリなどには注意をするように心掛け、財布から出すよりも予め用意しておいたお金をその場で出すようにすることがポイントです。