プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

リーズナブルな価格が魅力的

プーケットはビーチリゾートとして知られていることから、パトンビーチ周辺にはたくさんのサンダルや水着のお店が並んでいます。

 

そのためわざわざ日本から持っていく必要がなく、現地でも簡単に調達することができます。

 

ビーチサンダル専門店も多く、種類もサイズも豊富で、とてもバライティ豊かな内容となっています。

 

お店は朝8時くらいから11時くらいまでオープンしているお店も多く、ちょっとした合間でも気軽に楽しむことができます。

 

プーケットのビーチサンダルはとてもリーズナブルな価格となっており一足100バーツ(300円)前後から購入でき、日本よりも断然安い価格で購入することができます。

 

品質は日本よりも劣るものの、ワンシーズン履きこなすだけであれば十分なクオリティといえます。

 

南国らしいデザインも豊富で、バナナ、ヨット、プルメリアの花などそのデザインも豊富にあります。

 

その他ビーズがついたお洒落なデザインのものや、革製の丈夫なデザインのものもあり、女性から男性まで幅広い年齢層の人が楽しめるようになっています。

 

タイらしくブランドのコピー商品もたくさん販売されていますが、一目見ただけで分かるほど、とてもシンプルな造りとなっておりタイらしいご愛嬌といえます。

 

またビーチサンダルのお店では、値段交渉次第によってかなり安く購入できることもあります。

 

交渉次第では半額ほどの値段になったり、まとめて購入すると安くしてくれることもあるので、うまく交渉を楽しみながらショッピングを楽しむことがお勧めです。

 

またサンダルを選ぶ際は、日本で履いているサイズよりもワンランク上のサイズを選ぶこともポイントの一つです。

 

サンダルは日本人よりも華奢なタイ人用にデザインされていることも多く、サイズが小さく感じられることもあるので、しっかりと試着をしてから購入することがお勧めです。

バングラ通りにあるミツコ(MITSUKO)

プーケットの中でもサンダル専門店として知られているのが、バングラ通りにある「MITSUKO」とよばれるお店です。

 

2005年にオープンしフランスの本店があり、フランスでデザインされタイで生産されています。

 

フランスのセンスのよさが感じられるお店で、女性らしいセンスのよいお店が評判となっています。

 

営業時間は朝11時〜深夜24時までとなっており、この通りらしく夜遅くまでオープンしています。

 

お店の外観は白を基調としており、タイル張りのお洒落なデザインがその特徴です。

 

通り沿いの外観はガラス張りとなっており、とても洗練された雰囲気に包まれています。

 

また種類やテーマごとにきれいに靴が並べられており、とても見やすい雰囲気があります。

 

観光客も多いことから、定員さんもとても親切で分からないサイズがあれば、親身になって探してくれることも魅力的です。

 

ここミツコの値段は1000バーツ(3000円)前後となっており、プーケットの物価を考えるとやや割高となっていますが、お洒落なサンダルを購入することができます。

 

ここのサンダルはヒールがやや高めに作られていることから、足を長くスリムに見せることができます。

 

またビーズなどをたくさん使ったキラキラとしたデザインも多く、キュートな印象を与えてくれることも魅力の一つです。

 

常夏のタイでありながらもブーツもたくさん並べられており、しっかりとしたデザインのものが多いので、長く愛用することができます。

 

その他バッグやアクセサリーなどの雑貨類もたくさん揃っているので、バッグとのコーディネートを楽しむこともできます。