プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

ビッグブッダのアクセス

プーケットのビッグブッダ

プーケットのビッグブッダ

プーケットの新名所として注目を浴びているスポットに「ビッグブッダ」とよばれる場所があります。

 

正式名称はプラプッタミンモンコン・エークナーカキーリーといい、かなり長い名称となることから、一般的にはビッグブッダとよばれることが多いです。

 

ここへのアクセスは個人ではパトンビーチからであればタクシーを利用する必要があり、片道500〜600バーツ(1500円〜1800円)が一般的となります。

 

比較的割高となるので、ツアーに申し込みをしてみることもお勧めです。

 

半日観光で他の観光名所を巡ってくれて1000バーツ(3000円前後)で楽しむことができます。

 

またトゥクトゥクでは途中非常に急な山道となるため、タクシーを利用してのアクセスとなります。

 

ただし車がかなり揺れることもあり、酔いやすい人は酔い止めがあった方が便利です。

 

ビッグブッダまでのアクセスは、シャロン湾エリアからまずはシャロン寺院をめざし、チャオファーウェストロードを進むと途中で看板がでてきます。

 

大きな看板が見えたら細い路地を曲がって登っていった先に位置しています。

 

近くになると巨大な仏像が目に飛び込んでくるので、その方向を目指していくと分かりやすいでしょう。

 

広々とした駐車場も併設されているので、レンタカーでもアクセスできます。

建設中のビッグブッダ

ビッグブッダはプーケットで2番目に高いナ―クゥー山の上に建設中の大仏です。

 

高さ45メートル、直径25.45メートル、重さ135トンを誇り、ミャンマーのマンダレーやタイ産の大理石を1万1000個使って作られているもので、1000年は耐久するともいわれています。

 

この大仏はまだ建設中となっており、足場を組んで建設中の様子を見ることができます。

 

足組みは竹で出来ており、なんともタイらしい様子が伝わってきます。

 

完成図はあるものの、まだ完成までには数年かかるともいわれていますが、タイの工事は遅れることもよくあるようで、その先は未定となっています。

 

ビッグブッダを楽しむための注意点

ビッグブッダの博物館

ビッグブッダの博物館

ここビッグブッダはとても神聖な場所であり、寺院であるため、服装には注意が必要です。

 

短パン、キャミソールと言った露出の激しい服装では、中に入ることはできませんが、万が一そのような服装で来てしまった場合には、入り口付近で無料で布を貸し出してくれます。

 

ここは小高い丘の上にあることから、標高が高い分ビーチエリアと比べるとやや肌寒く感じられることがあり、一枚羽織物があると便利です。

 

また敷地内はやや急な階段もあるので、歩きやすいスニーカーなどがあると便利です。

 

ビッグブッダは近年人気が高まりつつある観光スポットで、午後になるとたくさんの観光客がやってきて、あまりゆっくりと観光できないこともあるのでなるべく午前中の早い時間帯に訪れることがお勧めです。

 

また夜は21時くらいまで見学をすることができ、ちょっとした夜景も一望できます。

 

しかし周辺エリアはとても暗く、場合によってはタクシーなども捕まえられなくなる可能性もあるので、しっかりと帰りの手段を考えておく必要があります。

小さな博物館

博物館の資料

博物館の資料

ビッグブッダには小さな博物館のような場所があり、仏教の歴史についても色々と学ぶことができます。

 

瞑想の仕方を伝える展示物や、なぜか世界の紙幣がずらりと並べられているコーナーもあり、日本の千円札も展示されています。

 

その他にもこのプロジェクトの経緯がまとめられた資料や仏教行事の詳細の展示物などがあり、仏教国タイの奥深い魅力を知ることができます。

関連ページ

プーケットの離島・コーラル島へのアクセス
プーケット島最南端の岬・プロンテップ岬
プーケットファンタシーのツアーとその料金
シーウォーカーで海中散歩を楽しもう!
高級リゾート地区として開発されているバンタオビーチ
ビーチで楽しむパラセイリング
ゴム産業とパイナップル産業
タラン地区にあるプラナンサン寺院とプラトーン寺院
スネークファームとモンキースクール
ラン・ヤイ島に行こう!
カタビーチの楽しみ方
プーケットのダイビング事情
プーケットで楽しめるムエタイ観戦
陶器が人気のセラミックスオブプーケット
子供から大人まで楽しめるパトンゴーカートスピードハイウェイ
プーケットで最も美しい夕日を楽しめるスリンビーチ
カオプラテーオ自然保護区にあるトンサイ滝
お土産に最適!スパ製品が揃うレモングラスハウス
タイで最大級の貝の博物館・プーケットシーシェルミュージアム
プーケットファンタシーの楽しみ方
コーラル島の楽しみ方
映画の舞台にもなったパンガー湾
プーケットのジムトンプソン
プーケット鉱山博物館とヒロインズ像
プーケット随一のウォーターパーク「スプラッシュジャングル」
短時間でも楽しめるオプショナルツアー
のんびりとした雰囲気が人気のナイヤンビーチ
ビッグブッダの楽しみ方
プーケットでゴルフを楽しもう
パトンビーチで楽しめるマリンアクティビティ
プーケットで楽しめるフルーツ
パトンビーチの売り子
プーケットで乗馬しよう!
気軽に釣りを楽しめるプーケット
プーケットの秘境「ラチャ島」
インド発祥のアーユルベーダを取り入れているバライスパ
かつての首都の町・タラン
のんびりとした雰囲気が魅力のカマラビーチ
人気のホテルにあるスパ「パラダイスタイスパ」
プーケットからクラビへのアクセス
シャロン湾にあるホームプロビレッジ
ダイビングに人気のシミラン諸島
プーケットでダイビングのライセンスを取得しよう!
カタビーチエリアのロード
プーケットの真珠と宝石
プーケットにある2つのバナナビーチ
リーズナブルな価格で楽しめるオリエンタラスパ
プーケットで生ライブを楽しもう!
プーケットの特産品を活かしたお土産
プーケットで楽しむ長期滞在(ロングスティ)
日帰りでアクセスできるビーチリゾート「カオラック」
プーケットで最初に開拓されたダイビングスポット「シャークポイント」
プーケットでウェディングを挙げよう!
プーケットファンタシーの象の宮殿
プーケットのおすすめダイビングスポット2選 アネモネリーフとドクマイ島
日本人スタッフが常駐のカタダイビングサービス
サンセットを楽しめるツアー
のんびりとした穴場な離島「マイトン島」
港からわずか20分でアクセスできる「カイ島」
2011年にオープンしたアフロディーテキャバレーショー
マイナーだけど行きたいタチャイ島
ラグーナプーケット国際マラソンに出よう!
カオソック国立公園へ行こう!
効率的に楽しめる!島内観光に行こう!
手付かずの自然が残るスリン諸島国立公園
カトゥ地区で楽しめる2つのアクティビティ