プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

毎年6月に開催されるマラソン大会

ラグーナプーケット国際マラソンは、毎年6月に開催される国際的なマラソン大会で、2015年には11回目を迎えました。

 

これは「パラダイスを走ろう!」をスローガンに、プーケットでリゾート感をたっぷりと味わいながら楽しむマラソン大会です。

 

開催場所は、高級感漂うラグーナプーケットリゾートがスタート地点となります。

 

2015年は6月7日に開催され、今年で10回目となりました。

 

日本からは約300名が参加をして、約6,000名のランナーが参加して大いに盛り上がりを見せました。

全部で6コース

コースは全部で6つに分かれており、それぞれレベルや年齢に応じてチョイスできるので、子どもから大人まで楽しむことができます。

 

美しいプーケットのビーチ際を走ったり、時には田園風景なども楽しめる42.195キロのマラソンコースから、ハーフマラソン、10.5キロのファンラン、5キロのラン、5キロのウォ―ク、1.5キロのキッズランがあります。

 

いわゆる勝負を競い合うだけではなく、バライティ豊かなコースがあるので、景色を楽しんでリゾートを走ってみたいという人でも気軽に参加することができます。

 

フルマラソンは午前4時半スタートで時間制限は7時間半、ハーフマラソンは午前6時スタートで時間制限は4時間、10.5キロのファンランは2時間半、5キロランと5キロウォークは2時間、キッズランは時間制限なしとなっています。

 

給水所は2キロ毎に設けられており、カップまたはペットボトルでサーブされます。

 

12.5キロごとにフルーツなども用意されています。

 

また是非一緒に楽しみたいのが、大会前夜に開かれるパスタパーティーです。

 

バンド演奏を聞きながら世界のランナーたちと一緒に、ホテルシェフが振る舞うおいしいパスタを楽しむことができます。

ラグーナプーケット国際マラソンの魅力

このマラソンの醍醐味といえるのが、プーケットの魅力といえるリゾートの風景を様々楽しむことができる点にあります。

 

ローカルな雰囲気が漂うマーケット、プーケットの特産品でもあるゴムの木プランテーションやパイナップル畑など駆け抜けていきます。

 

またスタート地点となるラグーナ地区は、プーケットの中でも屈指の開発されたリゾートエリアです。

 

高級感が漂い、洗練された雰囲気を楽しむことができます。

 

多くの観光客がパトンエリアを拠点としていることから、その新しい魅力に気付くことができます。

 

また費用が安いことも、その魅力の一つです。

 

近年日本でもマラソン大会は人気となりつつあり、参加費用だけでも有名なものとなれば、数万円することも少なくはありません。

 

このラグーナプーケット国際マラソンは、申し込みをする時期やコースによって値段は異なりますが、50ドル〜100ドル程度となっています。

 

キッズであれば10ドル前後で楽しめるので、まさにオプショナルツアーに参加する費用と変わらない料金で楽しめることは、何よりの魅力といえます。

参加の申し込み方法

参加の方法は、個人的に申し込みをしたい場合は公式ホームページから前年末より直接申し込みができます。

 

個人的に手配をすることに不安を感じる場合は、日本からのパッケージツアーを利用してみることもおすすめです。

 

航空券代金、ホテル、ホテルと空港の送迎、マラソンの参加費用などが料金に含まれているので、とても安心できます。

 

費用はホテルのランクがスタンダードであれば、全て込みで10万円前後からで参加でき、観光も兼ねて楽しむことができます。

関連ページ

プーケットの離島・コーラル島へのアクセス
プーケット島最南端の岬・プロンテップ岬
プーケットファンタシーのツアーとその料金
シーウォーカーで海中散歩を楽しもう!
高級リゾート地区として開発されているバンタオビーチ
ビーチで楽しむパラセイリング
ゴム産業とパイナップル産業
タラン地区にあるプラナンサン寺院とプラトーン寺院
スネークファームとモンキースクール
ラン・ヤイ島に行こう!
カタビーチの楽しみ方
プーケットのダイビング事情
プーケットで楽しめるムエタイ観戦
陶器が人気のセラミックスオブプーケット
子供から大人まで楽しめるパトンゴーカートスピードハイウェイ
プーケットで最も美しい夕日を楽しめるスリンビーチ
カオプラテーオ自然保護区にあるトンサイ滝
お土産に最適!スパ製品が揃うレモングラスハウス
タイで最大級の貝の博物館・プーケットシーシェルミュージアム
プーケットファンタシーの楽しみ方
ビッグブッダのアクセスと博物館
コーラル島の楽しみ方
映画の舞台にもなったパンガー湾
プーケットのジムトンプソン
プーケット鉱山博物館とヒロインズ像
プーケット随一のウォーターパーク「スプラッシュジャングル」
短時間でも楽しめるオプショナルツアー
のんびりとした雰囲気が人気のナイヤンビーチ
ビッグブッダの楽しみ方
プーケットでゴルフを楽しもう
パトンビーチで楽しめるマリンアクティビティ
プーケットで楽しめるフルーツ
パトンビーチの売り子
プーケットで乗馬しよう!
気軽に釣りを楽しめるプーケット
プーケットの秘境「ラチャ島」
インド発祥のアーユルベーダを取り入れているバライスパ
かつての首都の町・タラン
のんびりとした雰囲気が魅力のカマラビーチ
人気のホテルにあるスパ「パラダイスタイスパ」
プーケットからクラビへのアクセス
シャロン湾にあるホームプロビレッジ
ダイビングに人気のシミラン諸島
プーケットでダイビングのライセンスを取得しよう!
カタビーチエリアのロード
プーケットの真珠と宝石
プーケットにある2つのバナナビーチ
リーズナブルな価格で楽しめるオリエンタラスパ
プーケットで生ライブを楽しもう!
プーケットの特産品を活かしたお土産
プーケットで楽しむ長期滞在(ロングスティ)
日帰りでアクセスできるビーチリゾート「カオラック」
プーケットで最初に開拓されたダイビングスポット「シャークポイント」
プーケットでウェディングを挙げよう!
プーケットファンタシーの象の宮殿
プーケットのおすすめダイビングスポット2選 アネモネリーフとドクマイ島
日本人スタッフが常駐のカタダイビングサービス
サンセットを楽しめるツアー
のんびりとした穴場な離島「マイトン島」
港からわずか20分でアクセスできる「カイ島」
2011年にオープンしたアフロディーテキャバレーショー
マイナーだけど行きたいタチャイ島
カオソック国立公園へ行こう!
効率的に楽しめる!島内観光に行こう!
手付かずの自然が残るスリン諸島国立公園
カトゥ地区で楽しめる2つのアクティビティ