プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

乾季のみ上陸できるスリン諸島

スリン諸島国立公園に指定されているスリン諸島は、乾季のみアクセスできる期間限定で楽しめるスポットです。

 

場所はミャンマーとの国境に近く、アンダマン海の北に位置しています。

 

タイ本土の熱帯雨林の山から流れ込んだ豊富な栄養素が含まれているため、たくさんの魚が集まってくるエリアです。

 

陸から船でしかアクセスができないやや離れた場所にあるため、手付かずの自然がたくさん残されています。

 

スリン諸島は大型ホテルなどのリゾート開発が禁止されており、ありのままの美しい風景がたくさん残されています。

 

雨季は海がやや荒れることが多いため、シミラン諸島と同じように雨季のアクセスは禁止されています。

 

そのためスリン島にアクセスできるのは、乾季にあたる11月〜4月に限られています。

 

しかしそれであるからこそ、本来の自然の美しさが残されており、まさにタイの中でも上位を争う美しいスポットとなっています。

ダイビングやシュノーケリングに最適

やはりこの島の魅力を満喫するためには、ダイビングやシュノーケリングが最適です。

 

プーケットからはやや距離があるものの日帰りでもアクセスでき、テントを中心とした宿泊施設もあるので、ツアーによっては1泊できるものもあります。

 

日帰りのスケジュールは移動時間がかなりあるのでハードなスケジュールとなりますが、個人でアクセスするよりもやはりツアーに申し込みをした方が何かと安心できます。

一日のスケジュール

シュノーケリングの日帰りツアーの場合、一日のスケジュールは朝6時頃にホテルに迎えがきて、8時半ころに港からスリン諸島に出発となります。

 

その後シュノーケリングに最適なスポットを数か所回ってくれます。

 

中でも息を呑むような美しいメーヤベイとよばれるスポットはとても感動的な光景を楽しむことができます。

 

その他美しい魚たちが生息する場所といわれるパークラッブベイ、カメが生息しているといわれるタオベイとよばれる場所などがあります。

 

他のツアーとは異なり、ポイントごとに少しずつ異なる風景を楽しめることも、スリン島ならではの魅力といえます。

 

そして16時半ころプーケットの港に到着、ホテルに戻ってくるのは18時半頃となります。

先住民族・モーケン族

また島の観光の一つに、海の民であるモーケン族が住んでおり、彼らの原始的な生活を垣間見ることもできます。

 

彼らの先祖はインドネシアからの民で、独特の文化を持っている民族です。

 

彼らは自然に対して非常に敬意を払っており、限られた資源などを使い、生活をしているその工夫を見ることができます。

 

食糧、洋服、生活用品などのための材料は、その大半が自然に依存しています。

 

また文字をもたない民族ですが、タイ語やヤワイマレー語とよばれる言語も話すことができます。

スリン諸島への費用

スリン島へのツアーの費用は、大人3000バーツ(9000円)、子ども2200バーツ(6600円)前後が相場となっています。

 

費用にはホテルと港の送迎代金、昼食代、シュノーケリング器材、ライフジャケット、国立公園の入園料などが入っています。

 

尚、スリン島はいわゆる観光客の多いピピ島などとは異なり、スピードボートでのアクセスとなります。

 

そのためたとえ乾季であっても、時には船が揺れることもあるので、念のため酔い止めを持参していくことがおすすめです。

 

またツアーの催行日もほとんどの旅行会社で限られていることが多いので、事前にしっかりとスケジュールを確認しておくことが大切です。

関連ページ

プーケットの離島・コーラル島へのアクセス
プーケット島最南端の岬・プロンテップ岬
プーケットファンタシーのツアーとその料金
シーウォーカーで海中散歩を楽しもう!
高級リゾート地区として開発されているバンタオビーチ
ビーチで楽しむパラセイリング
ゴム産業とパイナップル産業
タラン地区にあるプラナンサン寺院とプラトーン寺院
スネークファームとモンキースクール
ラン・ヤイ島に行こう!
カタビーチの楽しみ方
プーケットのダイビング事情
プーケットで楽しめるムエタイ観戦
陶器が人気のセラミックスオブプーケット
子供から大人まで楽しめるパトンゴーカートスピードハイウェイ
プーケットで最も美しい夕日を楽しめるスリンビーチ
カオプラテーオ自然保護区にあるトンサイ滝
お土産に最適!スパ製品が揃うレモングラスハウス
タイで最大級の貝の博物館・プーケットシーシェルミュージアム
プーケットファンタシーの楽しみ方
ビッグブッダのアクセスと博物館
コーラル島の楽しみ方
映画の舞台にもなったパンガー湾
プーケットのジムトンプソン
プーケット鉱山博物館とヒロインズ像
プーケット随一のウォーターパーク「スプラッシュジャングル」
短時間でも楽しめるオプショナルツアー
のんびりとした雰囲気が人気のナイヤンビーチ
ビッグブッダの楽しみ方
プーケットでゴルフを楽しもう
パトンビーチで楽しめるマリンアクティビティ
プーケットで楽しめるフルーツ
パトンビーチの売り子
プーケットで乗馬しよう!
気軽に釣りを楽しめるプーケット
プーケットの秘境「ラチャ島」
インド発祥のアーユルベーダを取り入れているバライスパ
かつての首都の町・タラン
のんびりとした雰囲気が魅力のカマラビーチ
人気のホテルにあるスパ「パラダイスタイスパ」
プーケットからクラビへのアクセス
シャロン湾にあるホームプロビレッジ
ダイビングに人気のシミラン諸島
プーケットでダイビングのライセンスを取得しよう!
カタビーチエリアのロード
プーケットの真珠と宝石
プーケットにある2つのバナナビーチ
リーズナブルな価格で楽しめるオリエンタラスパ
プーケットで生ライブを楽しもう!
プーケットの特産品を活かしたお土産
プーケットで楽しむ長期滞在(ロングスティ)
日帰りでアクセスできるビーチリゾート「カオラック」
プーケットで最初に開拓されたダイビングスポット「シャークポイント」
プーケットでウェディングを挙げよう!
プーケットファンタシーの象の宮殿
プーケットのおすすめダイビングスポット2選 アネモネリーフとドクマイ島
日本人スタッフが常駐のカタダイビングサービス
サンセットを楽しめるツアー
のんびりとした穴場な離島「マイトン島」
港からわずか20分でアクセスできる「カイ島」
2011年にオープンしたアフロディーテキャバレーショー
マイナーだけど行きたいタチャイ島
ラグーナプーケット国際マラソンに出よう!
カオソック国立公園へ行こう!
効率的に楽しめる!島内観光に行こう!
カトゥ地区で楽しめる2つのアクティビティ