プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

パトンゴーカートスピードハイウェイの概要

プーケットではビーチアクティビティに飽きた時にお勧めなのが、パトンゴーカートスピードハイウェイとよばれるゴーカートを楽しめるスポットがあります。

 

バトンビーチからプーケットタウンへ向かう国道4029号線の途中、カトゥー方面に向かう道との分岐点のすぐ近くに位置しており、パトンビーチから車で15分の場所にあります。

 

ここパトンゴーカートスピードハイウェイは約30年以上もの歴史があり、大きい通りに面していることから観光客も比較的目にする機会も多く、外から見るだけでもワクワクすると評判のスポットです。

 

周囲は山で囲まれているのどかな雰囲気に包まれており、プーケットは海だけではなく自然豊かな場所であることも、その光景が物語ります。

 

申し込みをする建物は赤と白を基調とした建物で、レース場にも赤と白のタイヤが交互の並べられています。

 

またここパトンゴーカートスピードハイウェイでは、イベントもしばしば開催されており、5名以上のグループでミニグランプリなどもイベントにも出場することができます。

料金と時間

レースカートは主に4つの種類があり、大人用のカートは200ccで最大60キロのスピードがでます。

 

レースカートは400ccで最大110キロのスピード、キッズカードは140ccで40キロのスピード、2シートのカートは270ccで最大60キロのスピードがでます。

 

車体はとてもシンプルな造りとなっていることからレースを回ると、肌でその迫力を感じることができます。

 

時間は10分、15分、20分、1時間からチョイスできます。

 

2シートでは親子で楽しんでいる姿もよく見かけますが、実際に子供が一人で乗ることができるのは、小学生くらいからが対象となっているようです。

 

1名乗りは15分850バーツ、30分1700バーツ、1時間3400バーツとなっており、2名乗りは10分850バーツ、20分1700バーツとなっています。

 

レースは1周640メートルとなっており、比較的すぐに回ることができため一見すると子供用のレースにも思えますが、一度レースにでれば大人もまさにエキサイティングな気持ちを楽しむことができます。

 

保険料の詳細

会場には英語が話せるスタッフの他、日本語が少し話せるスタッフもいます。

 

保険料が含まれていないことから、デポジットとして現金500バーツか、もしくはパスポートかクレジットカードが必要となっています。

 

万が一カートを破損させてしまった場合には、そこから修理代に充てられるようになっています。

 

しかしかなりひどく破損をさせてしまった場合には、これに限らず追加で徴収されることもあるので、運転には十分な注意が必要です。

 

何もなければ再度にそのまま収めた保険料を返金してくれる仕組みとなっています。

 

服装はスポーツ用のトレーナーなどを着用していくようにし、軽装な服装やサンダルなどは適さないので注意が必要です。

 

またヘルメットは現地で貸し出しをしてくれるので、特別に持参していく必要はありません。

隣の敷地にあるタイガーキングダム

またこのレース会場はタイガーキングダムとよばれるトラと一緒に写真を撮れる、今話題のスポットと併設されています。

 

プーケットでは他にもトラと一緒に写真を撮れる場所がありますが、ここタイガーキングダムでは小さいトラであれば檻の中で一緒に写真を撮ることができます。

 

またここでは自分のカメラで撮影することもできるので、自分の好きなアングルで楽しむこともできます。

 

園内にはトラを眺めながらグルメを楽しめるビュッフェスタイルのレストランなども併設されており、ここでしか味わうことができないユニークな食事の時間を楽しむことができることも魅力の一つです。

関連ページ

プーケットの離島・コーラル島へのアクセス
プーケット島最南端の岬・プロンテップ岬
プーケットファンタシーのツアーとその料金
シーウォーカーで海中散歩を楽しもう!
高級リゾート地区として開発されているバンタオビーチ
ビーチで楽しむパラセイリング
ゴム産業とパイナップル産業
タラン地区にあるプラナンサン寺院とプラトーン寺院
スネークファームとモンキースクール
ラン・ヤイ島に行こう!
カタビーチの楽しみ方
プーケットのダイビング事情
プーケットで楽しめるムエタイ観戦
陶器が人気のセラミックスオブプーケット
プーケットで最も美しい夕日を楽しめるスリンビーチ
カオプラテーオ自然保護区にあるトンサイ滝
お土産に最適!スパ製品が揃うレモングラスハウス
タイで最大級の貝の博物館・プーケットシーシェルミュージアム
プーケットファンタシーの楽しみ方
ビッグブッダのアクセスと博物館
コーラル島の楽しみ方
映画の舞台にもなったパンガー湾
プーケットのジムトンプソン
プーケット鉱山博物館とヒロインズ像
プーケット随一のウォーターパーク「スプラッシュジャングル」
短時間でも楽しめるオプショナルツアー
のんびりとした雰囲気が人気のナイヤンビーチ
ビッグブッダの楽しみ方
プーケットでゴルフを楽しもう
パトンビーチで楽しめるマリンアクティビティ
プーケットで楽しめるフルーツ
パトンビーチの売り子
プーケットで乗馬しよう!
気軽に釣りを楽しめるプーケット
プーケットの秘境「ラチャ島」
インド発祥のアーユルベーダを取り入れているバライスパ
かつての首都の町・タラン
のんびりとした雰囲気が魅力のカマラビーチ
人気のホテルにあるスパ「パラダイスタイスパ」
プーケットからクラビへのアクセス
シャロン湾にあるホームプロビレッジ
ダイビングに人気のシミラン諸島
プーケットでダイビングのライセンスを取得しよう!
カタビーチエリアのロード
プーケットの真珠と宝石
プーケットにある2つのバナナビーチ
リーズナブルな価格で楽しめるオリエンタラスパ
プーケットで生ライブを楽しもう!
プーケットの特産品を活かしたお土産
プーケットで楽しむ長期滞在(ロングスティ)
日帰りでアクセスできるビーチリゾート「カオラック」
プーケットで最初に開拓されたダイビングスポット「シャークポイント」
プーケットでウェディングを挙げよう!
プーケットファンタシーの象の宮殿
プーケットのおすすめダイビングスポット2選 アネモネリーフとドクマイ島
日本人スタッフが常駐のカタダイビングサービス
サンセットを楽しめるツアー
のんびりとした穴場な離島「マイトン島」
港からわずか20分でアクセスできる「カイ島」
2011年にオープンしたアフロディーテキャバレーショー
マイナーだけど行きたいタチャイ島
ラグーナプーケット国際マラソンに出よう!
カオソック国立公園へ行こう!
効率的に楽しめる!島内観光に行こう!
手付かずの自然が残るスリン諸島国立公園
カトゥ地区で楽しめる2つのアクティビティ