プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

のんびりとした雰囲気が魅力のスリンビーチ

プーケットでもっとも美しい夕陽を見ることができるビーチとして知られているのが、スリンビーチとよばれる場所です。

 

ここは地元の人に広く親しまれているところであることから、観光地化しすぎていないことがこのビーチの良さを感じさせてくれます。

 

ハイシーズンであってもさほど混雑もしていないため、とにかくのんびりと過ごしたいという人にはお勧めのビーチです。

 

ただし日没後はあたりはとても暗くなるので、帰りの手段はあらかじめしっかりと考えておく必要があります。

スリンビーチへのアクセス

スリンビーチへのアクセスはプーケットタウンから車で40分ほどかかります。

 

ただし空港からはあまり需要がないためリムジンバスは運行されていません。

 

大概はこのエリアのホテルが専用バスでピックアップサービスをしているため、こちらを利用することが一般的です。

 

運よく空港からトゥクトゥクを捕まえることができた場合は、約500バーツ(1500円)前後となっています。

 

そのため空港からのアクセスには、やや遠回りとなりますが、プーケットタウンまでバスで一度出て、そこからタクシーを使ってアクセスする方法もお勧めです。

 

空港からは幹線道路であるセブ・カサリット・ロードを南下して、ヒロインズ像の交差点で東方向に向かいます。

 

するとたくさんの木々が生えているアップダダウンの激しい道が続いていき、地元の人たちが暮らす集落を抜けていくと、目の前に見えてくるのがここスリンビーチとなります。

 

慣れている人であれば、パトンビーチからレンタバイクをしてアクセスしてみることもお勧めです。

スリンビーチの概要

スリンビーチはわずか.300メートルほどのとてもこぢんまりとしたビーチで、とても静かな雰囲気があります。

 

波は少し高めで潮の流れが早いため、遊泳にはあまり向きません。

 

しかしビーチ北側と南側の岩場でスキューバダイビングやシュノーケリングを楽しむことはできます。

 

ビーチでは読書を楽しんだり、日光浴を楽しむのにはとても最適な空間となっています。

 

ただしビーチから沖へ数メートル進むと急に深くなったり、強い流れが発生するところもあるので注意が必要です。

 

ビーチはこのエリアは相応しくお洒落なビーチパラソルがたくさん並べられており、それだけでもとても絵になる光景です。

 

物売りなども少ないので、静かなひとときを過ご自分のスペースを確保することができます。

 

またビーチ自体が混雑していないのでたっぷりとスペースを確保することができます。

 

砂浜の手前には青々と茂った芝が生えており、これは9ホールあるミニゴルフ場の一部となっています。

 

夕方にはプーケットでもっとも美しいといわれる夕陽を一望することができます。

 

夜には満点の星空を眺めることができ、流れ星を肉眼で確認することもできます。

 

またすぐ隣のビーチのカマラビーチとスリンビーチの間にあるシン岬は、観光客にはあまり知られていない穴場のビーチスポットです。

 

この岬は入り江状になっているビーチに降りることができるポイントで、ビーチを下る道を5分ほど歩くと、そこにはプーケットと思えない素朴なビーチに出会うことができます。

 

ビーチ周辺の様子

ビーチ周辺は高級ホテルも多いことから、客層も多くとてもエレガントな雰囲気に包まれています。

 

高級ホテルとして知られるアマンプリリゾートやザチェディもこのエリアに位置しています。

 

ビーチ沿いにはレストラン、お土産ショップ、屋台などがあるので、ビーチでも一日ゆっくりと過ごすことができます。

 

特にビーチ裏の駐車場にはたくさんの屋台が並んでおり、タイ風焼きそばのパッタイ、サテとよばれるタイ風焼き鳥、ドリンク、スイーツなどを楽しむことができます。

 

関連ページ

プーケットの離島・コーラル島へのアクセス
プーケット島最南端の岬・プロンテップ岬
プーケットファンタシーのツアーとその料金
シーウォーカーで海中散歩を楽しもう!
高級リゾート地区として開発されているバンタオビーチ
ビーチで楽しむパラセイリング
ゴム産業とパイナップル産業
タラン地区にあるプラナンサン寺院とプラトーン寺院
スネークファームとモンキースクール
ラン・ヤイ島に行こう!
カタビーチの楽しみ方
プーケットのダイビング事情
プーケットで楽しめるムエタイ観戦
陶器が人気のセラミックスオブプーケット
子供から大人まで楽しめるパトンゴーカートスピードハイウェイ
カオプラテーオ自然保護区にあるトンサイ滝
お土産に最適!スパ製品が揃うレモングラスハウス
タイで最大級の貝の博物館・プーケットシーシェルミュージアム
プーケットファンタシーの楽しみ方
ビッグブッダのアクセスと博物館
コーラル島の楽しみ方
映画の舞台にもなったパンガー湾
プーケットのジムトンプソン
プーケット鉱山博物館とヒロインズ像
プーケット随一のウォーターパーク「スプラッシュジャングル」
短時間でも楽しめるオプショナルツアー
のんびりとした雰囲気が人気のナイヤンビーチ
ビッグブッダの楽しみ方
プーケットでゴルフを楽しもう
パトンビーチで楽しめるマリンアクティビティ
プーケットで楽しめるフルーツ
パトンビーチの売り子
プーケットで乗馬しよう!
気軽に釣りを楽しめるプーケット
プーケットの秘境「ラチャ島」
インド発祥のアーユルベーダを取り入れているバライスパ
かつての首都の町・タラン
のんびりとした雰囲気が魅力のカマラビーチ
人気のホテルにあるスパ「パラダイスタイスパ」
プーケットからクラビへのアクセス
シャロン湾にあるホームプロビレッジ
ダイビングに人気のシミラン諸島
プーケットでダイビングのライセンスを取得しよう!
カタビーチエリアのロード
プーケットの真珠と宝石
プーケットにある2つのバナナビーチ
リーズナブルな価格で楽しめるオリエンタラスパ
プーケットで生ライブを楽しもう!
プーケットの特産品を活かしたお土産
プーケットで楽しむ長期滞在(ロングスティ)
日帰りでアクセスできるビーチリゾート「カオラック」
プーケットで最初に開拓されたダイビングスポット「シャークポイント」
プーケットでウェディングを挙げよう!
プーケットファンタシーの象の宮殿
プーケットのおすすめダイビングスポット2選 アネモネリーフとドクマイ島
日本人スタッフが常駐のカタダイビングサービス
サンセットを楽しめるツアー
のんびりとした穴場な離島「マイトン島」
港からわずか20分でアクセスできる「カイ島」
2011年にオープンしたアフロディーテキャバレーショー
マイナーだけど行きたいタチャイ島
ラグーナプーケット国際マラソンに出よう!
カオソック国立公園へ行こう!
効率的に楽しめる!島内観光に行こう!
手付かずの自然が残るスリン諸島国立公園
カトゥ地区で楽しめる2つのアクティビティ