プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

雨の日でも楽しめる料理教室

プーケット滞在中に思わず、雨に遭遇してしまった際に、楽しめるツアーに料理教室があります。

 

タイ料理はそのエスニックな風味から一から作ろうとすると難しく感じられることも多く、なかなか家庭で同じ味を再現できないこともあります。

 

さらに日本ではなかなか手に入れにくい調味料や食材などを使うことも多く、日本人から難しく感じられる料理といえます。

 

料理教室はそんな悩みを解決してくれ、手に入りにくい食材はどのように代用したらよいのか、おいしく作るコツや工夫などを丁寧に教えてくれます。

 

何よりも参加者たちとの交流の場にもなることも、魅力的です。

 

今回はそんなプーケットで楽しめるブルーエレファントの料理教室についてご案内していきます。

ブルーエレファントで学ぶ料理教室

タイでブルーエレファントといえば、高級レストランが知られていますが、実は料理教室も開催されており、本格的なタイ料理を学ぶことができると人気を集めています。

 

プーケットのブルーエレファントは、プーケットタウンに位置しています。

 

建物はシノポルトギ様式の豪邸で、ちょっとしたエレガントな雰囲気を味わいながら料理を学ぶことができます。

 

ブルーエレファントの料理教室は、レストランの横に建物が併設されており、そこで行われます。

 

日曜日を含めて毎日行われており、1日2回、午前と午後に分かれています。

 

午前のコースはローカルマーケットへの買い出しもついてくるので、食材を選ぶ時のポイントも教えてくれるので、とても勉強になります。

 

料理教室では敷地内の菜園から摘んだハーブを使用したり、市場に買い出しにいったりと、まさにタイの本格的な料理を一からしっかりと学ぶことができます。

 

ブルーエレファントから5分の場所にある市場では、見たこともない食材がずらりと並んでおり、独特の香りや香ばしい香りなど、エスニック大国タイを感じることができます。

 

日本で同じ種類の野菜であっても見た目も色も異なり、その発見もまた楽しいものです。

 

また一緒に同行してくれるスタッフがお勧めの調味料などを教えてくれるので、普段なら見逃してしまいそうなものでも、使い方などを学ぶことができます。

 

基本的には英語となりますが、片言の日本語を話せるスタッフもおり、何よりもパフォーマンスを丁寧に教えてくれるので、さほど言語の壁を感じることなく楽しむことができます。

本格的なタイ料理を学べるブルーエレファント

料理教室は毎日少しずつメニューが変わるので、日程に余裕がある場合には、食べたいものを選ぶこともできます。

 

メニューにはカレーが多く登場しますが、地方によってカレーの特徴が異なるので、普段食べられないカレーも味わうことができます。

 

その他日本でいう焼き鳥のような味わいのチキンサテ、タイ風焼きそばのパッタイ、バジル炒め、春雨サラダなど、とにかくバライティ豊かなメニューとなっています。

 

また午後のクラスは、市場に行かない代わりにデザートメニューが一品増えます。

 

ココナッツプリンやマンゴープリン、ジャスミンケーキ、マンゴともち米のココナッツミルクかけデザートなど、タイスイーツも楽しむことができます。

 

料理を3時間かけて4品作った後は、お待ちかねの試食会となります。

 

ワンドリンクサービスもあり、料理教室とは思えないほど本格的でおいしい味わいは、まさに至福の時となります。

 

まさにレストランで支払う金額で、料理を作ることも食べることもダブルで楽しめることは、まさにブルーエレファントの醍醐味といえるでしょう。