プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

プーケットタウンにあるシレー島

プーケットタウンの4キロ東にシレー島とよばれる島があります。

 

プーケットタウンからは約10分、パトンビーチから約45分、プーケット国際空港から約1時間の距離に位置しています。

 

橋で繋がれているので、車やバイクで気軽にアクセスすることができます。

 

約300メートルの橋を通った先はのんびりとした時間が流れており、賑わいをみせるプーケットタウンとは大きく異なります。

 

観光客はほとんど見かけずまさにローカルな雰囲気が漂っています。

 

島にはたくさんの植物が生い茂っており、海や空がとても近くに感じられて、プーケットにこんなのどかな場所があることに驚かされます。

 

島に上陸をするとマングローブがうっそうと茂っており、時々サルが行き交う様子を見ることもできます。

 

シレー島は一周をしても約30分で回ることができる小さな島で、景色を楽しみながらドライブを楽しむのにもおすすめです。

先住民族の住んでいる島

ここシレー島には、もともとプーケットの先住民族が住んでいる島で、昔ながらの生活をしている人たちが住む、どこか素朴な雰囲気に包まれている島です。

 

島には養殖場や漁業を営む人たちの様子を見ることができます。

 

アワビの養殖施設の横にレストランが併設されているところもあり、新鮮でおいしい魚介類をたくさん味わうことができます。

 

海の透明度はあまり高くはなく、泳いでいる人の大半が地元の人たちです。

 

時間帯によってはかなり遠浅になることもあり、沖合まで歩いていくことができます。

 

開発されていないビーチであるからこそ、売店などもほとんどありませんが、もってきたゴザを敷いてのんびりとした時間を過ごすのも最適です。

料理教室「タイクッカリースクール」

シレー島に行くツアーはほとんどありませんが、シレー島で楽しむ料理教室のツアーも開催されています。

 

その名前も「タイクッカリースクール」とよばれるもので、海の側の開放的なロケーションが人気を集めています。

 

市場で買い物をした後にシレー島に向かうもので、自然豊かな環境の中でクッキングを楽しむことができます。

 

送迎がついて約2500バーツ(7500円)で楽しめ、本格的なおいしいグルメを味わうことができます。

 

クッキングスクールというとどちらかといえば女性向けの印象がありますが、このクッキングスクールは、男性や子どもでも楽しめる雰囲気があります。

 

月曜日〜日曜日まで日替わりで異なるメニューとなっているので、毎日通っても飽きることなく楽しむことができ、雨の日の観光にも最適です。

 

ツアーでは市場での買い物、野菜のカービング(彫刻)、カレーペースト作りなどユニークな体験も含まれています。

 

月曜日は鶏肉のグリーンカレー、火曜日は鶏肉のパネーンカレー、水曜日はローストダックのカレー、木曜日は鶏のイエローカレー、金曜日はタイ風焼きそば、土曜日は、鶏肉のマッサマンカレー、日曜日は鶏肉のグリーンカレーとなっています。

 

メインとなるこれらの料理の他に、3品とデザートを1品作ります。

 

デザートももちろん、タイ風を重視しており、ココナツミルクがけもち米マンゴー添えや、バナナケーキなどを作ります。

 

レシピにはそれぞれちゃんと完成図が書かれたとても凝ったもので、英語で表記されています。

 

ボールペンやエプロンなどは貸し出しをしてくれます。スケジュールは朝7時〜8時半頃、ホテルにお迎えがきます。

 

8時半に市場を散策して、9時45頃にスクールに到着、10時ころから授業がスタートします。

 

単に料理を作るだけではなく、材料の奥深い魅力や料理以外のタイの観光など、先生とのトークの時間もとても楽しいものです。

 

料理を完成した後はみんなで一緒にいただきます。

 

多国籍な参加者たちとの触れ合いもまた、楽しい時間になることでしょう。