プーケット、ピピ島の旅行情報サイト

プーケットでも楽しめるようになったサイアムニラミット

バンコクで言わずと知れた人気のショー「サイアムニラミット」が、2011年にプーケットに上陸をして、ここリゾート地でも楽しめるようになりました。

 

夜のショーであることから、時間の有効活用にもなり、雨の日の観光にもおすすめです。

 

敷地面積は89,000uにも及び、広大な土地にタイの文化、伝統、音楽、歴史、思想など、多角的なアプローチで楽しむことができます。

 

エンターテインメント性を兼ね備えて、タイの魅力を学ぶこともできることはとても魅力的です。

広大な座席を持つ会場

サイアムニラミットの座席の数は約1700席に及びます。

 

100人以上が出演し、なんと500着以上もの衣装を使ったとても豪華な舞台です。

 

最先端の技術を使い、音や光の演出がとても見事です。

 

ショーは3部構成されており、第一章では「歴史への戻り」をテーマに、古代王国、クメール文明、アユタヤなどについて知ることができます。

 

第二章では「3つの世界へジャーニー」というテーマで、タイ人の信念について紹介しているショーです。

 

カルマの法則を伝えるべく、地獄や天国の世界を演出してくれます。

 

良い行いは自分に帰ってくること、悪い行いも自分に帰ってくることを教えてくれます。

 

第三章では「楽しいいタイ祭りの旅」をテーマに、タイのお祭りや伝統行事などのショーを楽しむことができます。

 

ソンクラン祭り、ピーコーン行進の祭り、ロイクラトン祭りなど、まさに本場さながらの賑わい楽しませてくれます。

ショー以外の施設も充実

サイアムニラミットの公演は20時半からですが、敷地内にはさまざまなアクティビティを楽しむことができるので、早めに会場に足を運んでみることもおすすめです。

 

タイの伝統と文化について学ぶことができる「伝統的なタイ村」では、タイの北部、中部、南部に分けて紹介されており、それぞれの建築様式や生活風習などの様子を見ることができます。

 

また中央には水上マーケットような造りとなっており、実際に船に乗ることができます。

 

その他にも、パレード、噴水エリア、ダンスパフォーマンス、象のエサやり体験、エレファントトレッキングなどがあり、まさにタイを感じるスポットが充実しています。

 

お土産ショップではクラフト用品などのほか、サイアムニラミットのオリジナル商品も充実しています。

 

また有料ですが、タイ民族衣装を着て写真撮影をしたり、象に乗っての写真撮影をすることもできます。

ビュッフェスタイルの夕食もおすすめ

サイアムニラミットはショーだけでも楽しめますが、ビュッフェスタイルの夕食付きのプランもあるので、こちらも合わせて申し込みをしてみることがおすすめです。

 

タイ料理だけではなく、多国籍な料理を楽しむことができます。

 

タイ料理は観光客用に辛さが控えめとなっているので、子どもから大人まで幅広い年齢層が楽しむことができます。

シートの種類と料金

サイアムニラミットの座席は大きく3つに分かれています。

 

最も中央エリアにあるプラチナムシート、次にプラチナムシートを囲むようにゴールドシートがあり、もっともスタンダードな客室がシルバーシートとなります。

 

座席はシートのタイプはあらかじめ選択できるものの、席自体は指定ができないので注意が必要です。

 

そのため料金はシートのランク、夕食付きの有無によって料金が異なります。

 

もっともスタンダードなシートで送迎を付けた場合、ツアー会社にもよりますが1500バーツ(4500円)前後が相場となっています。

 

尚会場は17時半〜22時半まで、ディナーは18時〜20時、ショーは20時半〜21時40分(70分)となっています。